よもやま話 修理人の生活環境など

高尾山麓栄茶屋から熱海の三平荘の板場に入った長男その後

投稿日:


料理人の世界

修理人のブログやFacebookだけ読んでると、修理人の私生活は家族共々充実していて、幸せ自慢ばかりに映っているかもしれませんが、本日、熱海の三平荘の板場から長男22歳=逃げ帰ってまいりました。
料理業界や旅館業界では「3ヶ月持たない」と誰もが口にして逃げ帰るといわれている非常に厳しい職場だったようです。
 
そりゃそうだよね。
毎日、朝5~6:00から仕事して、昼前に朝食作り終わったら昼に4時間も休憩があって、夕方から21:00まで料理作って終わり。
毎日熱海の温泉に入れて、食べ物はまかないを自分で作って食べれるし寝る場所もある。

アパート自腹で借りて一人暮らしをしながら、高尾山麓の栄茶屋で社員だった時には月に18万円貰ってた給料が、三平荘では10万円に下がったけれど、色んな人生生きてきた親としては金銭面では何の問題も無いと考えています。

「学校での勉強をしない事を自分で選ぶのなら仕事をして生きていくためのお金を稼ぎなさい」

この我が家の方針は、これからも一切変わりません。

そして、16歳から皿洗いをさせてもらって22歳までの6年間、自分で選んで行った「料理」の仕事場から、泣いて母親に電話をして帰って来たんですから、30万円かけて買った包丁は全部捨てて、別の道をまた自分で選ぶしかありません。

学校での勉強しない事を選ぶ。というのは、そういう生き方を自分で選んだ。ということです。

フライパンで殴られようが、金串で刺されようが、顔を殴られようが、いつも同じ場所を蹴られようが、罵声を毎日浴びせられようが、心が折れて泣こうがわめこうが、自分で選んだ道を歩みきれずに逃げ出した。という事実は、彼にとって学校以上に勉強になったことでしょう。

明日の晩から、人生の喜びと苦しみと、しない選択の難しさと、すると決めたことに挫折することの不甲斐なさについて、たまには親らしく、長男と2人で千葉の富津で朝日と夕日を浴びながら語らってみようと思います。

お子さんをお持ちの親御さんへ

子育ては一生。かもしれませんね。
長い目で見て他人の役に立つことで自力で稼いで生きてゆける強い人間に育てましょう。

どんなに厳しくとも、それが親に甘えたい子にとって一番手に入れがたく欲しているものだと考えています。
ね、この世で一番大切なものはお金では決して買えないんです。

また、新しい仕事を彼自身が決めたら、勝手にお知らせすると思います。

修理人

-よもやま話, 修理人の生活環境など

執筆者:

関連記事

データ復旧業者こぼれ話

昨晩、TEAC正社員時代(私は従業員だと考えておりました)に大変お世話になった10歳上の先輩がお越しになり、HDDのデータ復旧ご依頼はお役に立てましたが、その時に、日本全国のデータ復旧”取 …

長男=お兄ちゃんのこと(世田谷泉高校編)

いや~業務報告ばっかりのホームページだと、凄い実績をいくら並べ立てても、お客様のデータに関わる「修理人のひととなりが伝えきれないなぁ」と危惧していました。 そこで、私が生きている中で一番大好きなことを …

no image

学習塾から天声人語の読解が消える日

修理人には子どもが2人居ります。 長男は現在19歳で、高尾山の麓にある「栄茶屋」さんで土日祝日は朝から晩まで皿洗い&蕎麦茹で&少しだけそば打ちもさせていただいているようです。16歳からですから、はや3 …

軽度の知的障がい児にパソコンを教える最初の一歩は?

当店には学校の教職員の方や、元教員のお客様がたくさんいらっしゃいます。 父が長年書店を営んでいたこともあり、父のお客様は皆様当店のパソコン修理を引き続きご利用いただいております。 小学校、中学校、高校 …

八王子市内の高齢者介護でお困りの皆様へ

お客様の声 ここのところ、パソコンのデータ復旧や対面修理にお越しになるお客様から「高齢者介護をする事になったが初めてのことで右も左も分からず信頼できる人に相談したい」というお話しをお聞きする機会が増え …

営業日