よもやま話 個人事業主からのアドバイス 大切な話

軽度の知的障がい児にパソコンを教える最初の一歩は?

投稿日:2018年4月19日 更新日:


当店には学校の教職員の方や、元教員のお客様がたくさんいらっしゃいます。
父が長年書店を営んでいたこともあり、父のお客様は皆様当店のパソコン修理を引き続きご利用いただいております。

小学校、中学校、高校、高専、大学と様々な教科分野の先生方ですが、先日ボランティアで軽度の知的障がい児の担当をしている先生から「子どもの将来のためにパソコンを教えたい」と相談を受けました。

まずはパソコン慣れること

パソコンに慣れるためには、キチンと動くパソコンが必要です。ウイルス感染しているパソコンや詐欺サイト誘導アドオンなどが入っているパソコンを操作しても、慣れるどころかパソコンの挙動に対する疑問符ばかりで、何の勉強にもなりません。まずは、正常な状態のパソコンを操作することからはじめましょう。

まず大事なのはキー入力

ブラインドタッチは目指さなくて良いです。キーパンチソフトも買わなくてOKです。

パソコンの基本は「言葉を伝えること」です。まずは、子どもが気に入っている本に書いてある言葉を、一文字ずつ、一ページずつ、根気よく入力してゆきましょう。日本人の場合、カナ入力とローマ字入力の両方が使えるとベストなのですが、最初はローマ字入力からはじめて下さい。昔で言う「写本」をパソコンでおこなうのです。

キー入力が出来るようになったら

次は、作文を書いてみましょう。

もともと興味のある事を本やパソコンで調べて書くのではなく新しいこと、例えば木々が生い茂る山や、草花が咲く公園や、潮の香りがする海岸に行って、そこで感じた事をパソコンを使って文字入力することで作文を作ります。パソコンが無かった当時は原稿用紙に書いていた事を、パソコンでおこなってみましょう。

知的障がい児を侮る無かれ

私にも、もう23歳になりますが、小学生の時から小児病院の心療内科に通っていた軽度の知的障がいを持つ長男が居ります。学校の勉強は苦手というよりほぼ出来ませんでしたが、16歳からアルバイトをして、携帯電話もスマホも車の免許もバイクの免許もMacBook Airも全部自分の働いたお金で手に入れています。

自分を理解せず他人を理解しようとしない浅はかで心無い人からは虐められることもあるかもしれませんが、是非その子の才能を見つけてあげてください。

必ずあると思います。

修理人

-よもやま話, 個人事業主からのアドバイス, 大切な話

執筆者:

関連記事

八王子市内の高齢者介護でお困りの皆様へ

お客様の声 ここのところ、パソコンのデータ復旧や対面修理にお越しになるお客様から「高齢者介護をする事になったが初めてのことで右も左も分からず信頼できる人に相談したい」というお話しをお聞きする機会が増え …

WEB広告を大量に出しているデータ復旧業者の実態

先日、当ホームページをご覧になった他府県の方からデータ復旧に関するお問い合わせを頂きました。 お問い合わせ内容は・・・ お客様:Q USB3.0接続の外付けHDD3.0TBが故障し、大切なデータが入っ …

絶対に使ってはいけない トレンドマイクロ 製品

#トレンドマイクロ 製品の使用はすぐに中止してください。 今まで利用されていた方にはとても残念ですが、暗黙の内に利用者のブラウザー閲覧情報等を搾取して情報収集していたことを認めました。 トレンドマイク …

修理人がプロ意識を身につけるまでの出来事について

今朝、かさこさんのSNS公開投稿で目にした「プロ意識」についてのシェアが心に留まりました。 劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 4 …

Apple iTune APP詐欺ウイルスにご注意を!

Apple App Storeのアプリ購入およびキャンセル誘導を装ったウイルスにご注意下さい! 【この取引の問題 ?】 【この取引を承認していない場合は、下のリンクをクリックして全額払い戻しを受けてく …

営業日