よもやま話 個人事業主からのアドバイス 大切な話

軽度の知的障がい児にパソコンを教える最初の一歩は?

投稿日:2018年4月19日 更新日:


当店には学校の教職員の方や、元教員のお客様がたくさんいらっしゃいます。
父が長年書店を営んでいたこともあり、父のお客様は皆様当店のパソコン修理を引き続きご利用いただいております。

小学校、中学校、高校、高専、大学と様々な教科分野の先生方ですが、先日ボランティアで軽度の知的障がい児の担当をしている先生から「子どもの将来のためにパソコンを教えたい」と相談を受けました。

まずはパソコン慣れること

パソコンに慣れるためには、キチンと動くパソコンが必要です。ウイルス感染しているパソコンや詐欺サイト誘導アドオンなどが入っているパソコンを操作しても、慣れるどころかパソコンの挙動に対する疑問符ばかりで、何の勉強にもなりません。まずは、正常な状態のパソコンを操作することからはじめましょう。

まず大事なのはキー入力

ブラインドタッチは目指さなくて良いです。キーパンチソフトも買わなくてOKです。

パソコンの基本は「言葉を伝えること」です。まずは、子どもが気に入っている本に書いてある言葉を、一文字ずつ、一ページずつ、根気よく入力してゆきましょう。日本人の場合、カナ入力とローマ字入力の両方が使えるとベストなのですが、最初はローマ字入力からはじめて下さい。昔で言う「写本」をパソコンでおこなうのです。

キー入力が出来るようになったら

次は、作文を書いてみましょう。

もともと興味のある事を本やパソコンで調べて書くのではなく新しいこと、例えば木々が生い茂る山や、草花が咲く公園や、潮の香りがする海岸に行って、そこで感じた事をパソコンを使って文字入力することで作文を作ります。パソコンが無かった当時は原稿用紙に書いていた事を、パソコンでおこなってみましょう。

知的障がい児を侮る無かれ

私にも、もう23歳になりますが、小学生の時から小児病院の心療内科に通っていた軽度の知的障がいを持つ長男が居ります。学校の勉強は苦手というよりほぼ出来ませんでしたが、16歳からアルバイトをして、携帯電話もスマホも車の免許もバイクの免許もMacBook Airも全部自分の働いたお金で手に入れています。

自分を理解せず他人を理解しようとしない浅はかで心無い人からは虐められることもあるかもしれませんが、是非その子の才能を見つけてあげてください。

必ずあると思います。

修理人

-よもやま話, 個人事業主からのアドバイス, 大切な話

執筆者:

関連記事

長男から学んだ知的障碍と就労と「どうしたらいいか?」について

当店には家族に障がいのある方が多数ご来店されます ご存知の方も多いですが、修理人自身が障がいや知的障がいに対して「オープン」であり「隠すようことでは無い」し「恥ずかしいことでは無い」と考えているので、 …

ウイルス感染にご注意下さい

Adobe Readerのアップデートを装ったウイルスにご注意下さい! このウイルスをインストールしてしまうと、Adobe Readerの正規版がインストールできなくなります。 また、このパソコンには …

ネット検索最上位の広告を出しているデータ復旧会社って?

先日、ネット検索最上位に広告表示されていた 「データ復旧会社に電話をして怖くなってしまった」 と仰るお客様がご来店されました。 今日今すぐ持ってくるか宅急便で送ってくれれば無料で直ぐにデータ復旧検査し …

激安!格安!データ復旧する方法

データ復旧が必用な場合とは? 原因と症状 外付けHDDやSSD、USBメモリーをデータ読み書き中に抜いてしまった ハードディスクを落下させてしまった パソコンの電源を入れてもWindowsがいつまで経 …

安いものを買って得したことがあるか?

最近よく感じるのは「安いものを買って得したことがあるのか?」ということ。 日本国内で生産しても「高くて誰も買わない=市場を占有できない」というメーカー的発想は、そもそもタイランドやマレーシア、中国など …

営業日