よもやま話 データ構造修復 パソコントラブルあるある パソコン・サポート業者さんへ 物理障害データ復旧 論理障害他データ取り出し

デフラグ(defragmentation)が抱えるリスクについて

投稿日:2014年7月15日 更新日:


今日は、Windows95やWindows98~98SEの時代からパソコンを使っていた方が比較的陥りやすい「デフラグ(defragmentation)」のリスクについて考えてみました。

すでに多くの方が、Windows Vista/7/8/8.1 OSをお使いだと思うので、そちらの方は読まなくてOKです。
何故なら、OS標準に搭載されている「ドライブのデフラグや最適化」を行ったとしても、体感的にパソコンの動作速度が上がったりすることを実感できませんし、ここで言う「デフラグ(defragmentation)」の方法とは仕様が違いますので気にしないでください。

但し、パソコンが起動しなくなった場合や、アカウント設定が読み込めずOSが完全に立ち上がらなくなってしまった場合データ復旧が必要かもしれないと考えられる場合に、ハードディスクを取り外して別のパソコンに繋いで「デフラグ(defragmentation)」「ドライブの最適化」おこなってはいけません

デフラグは何をしてしまうか?
def

もし、特定のファイルを開こうとすると動作がもたついたり、特定のフォルダーをダブルクリックしてもなかなか内容が表示されなかったり、日本語入力中の漢 字変換候補がなかなか出てこなかったり、パソコンの起動やシャットダウンがとても時間がかかったり(Windows Up Date前後を除く)不安定だったりする場合は、読めるデータだけでもバックアップする事が大切ですが、HDDの場合まわせばまわすほど状態は悪くなります。

2014年現在、修理人と同じようにデータ最優先の業務をしている人は100%同じ対応をするはずですが、パソコンから取り出せなくなった必要なデータがある場合まずハードディスクやSSDの故障を疑います。一番避けたいのは、試しにパソコンの電源を入れてみる。とか、データ復元ソフトを使ってデータが出てくるかどうか試してみる。などの一か八か?みたいに恐ろしい事は絶対にしないんです。
当然、データの配置換えや置き換えデフラグなどは絶対にしません。

無くなっても惜しくないデータや、データ復旧に3万もかけられないデータの場合は、イジリ倒してデータが取れなくなっても後悔しないと思うので、お好きにどうぞ!^ ^

私、日ごろから、データのバックアップは二重三重に持っていてください。と、皆様にお伝えしていますが
そうしていただければ、将来私の仕事は無くなりますが、お客様が困ることも無くなります。
今日はこの辺で・・・^ ^

-よもやま話, データ構造修復, パソコントラブルあるある, パソコン・サポート業者さんへ, 物理障害データ復旧, 論理障害他データ取り出し

執筆者:

関連記事

2012/10/10(水)MacBook Pro内蔵HDDからのデータ復旧-首都大学様からのご依頼

データ復旧内容 (データ復旧元:起動できなくなりターゲットモードで「初期化してください」と表示されるApple OEM Seagate Momentus 7200.4 500GB) ・マックHFS+フ …

Apple製 MacのSSD換装(交換容量アップ)可/不可モデルのご案内

*下記に示すSSD換装&容量アップ”不可”モデルは、一切通電しなくなったりオンボードSSDが故障した場合、物理的にデータ復旧が不可能です。無料診断業者に出して無駄な調査料金など …

LaCie d2 QUADRA 750GBからのデータ復旧:復旧データ約713GB/750GB(35,640円)

LaCie d2 750GB HDD QUADRA 7200RPM 16MB J (#LaCie d2 QUADRA)内蔵Seagate製 Barracuda ST3750640ASからのデータ復旧作 …

no image

2012/6/27(水)東芝ノートパソコンTX/65F(PATX65FLP)Windows Vista

データ取り出し内容 ・メール送受信フォルダーデータ ・メールアカウント設定データ ・メール相手先アドレスデータ ・マイピクチャー画像データ ・マイムービー動画データ ・マイドキュメントデータ=ワード、 …

明けましておめでとうございます!

新年は、本日1/2(金)朝9:00~営業いたします。 データ救出・データ復旧・データ取り出しでお困りの方は お電話にてご予約頂けると幸いです。 本年もよろしくお願いいたします。

営業日