よもやま話 セキュリティーについて パソコントラブルあるある パソコン・サポート業者さんへ マルウエア ランサムウエア 暗号化データ復旧

年金情報流出:ウイルス感染パソコンからのデータバックアップとウイルス駆除・削除について

投稿日:2015年6月5日 更新日:


国内外、官公庁、民間企業、個人に関わらずウイルス感染が止まりません。

当店のパソコン対面修理で扱ったごく一部のウイルス感染やスパム・迷惑ソフトについて、事例や修理人の考え方などはこちらを参照してください。

ウイルス・迷惑ソフト削除

また、身代金請求ウイルス・データ人質ウイルス・ランサムウェア(ransomware)について、事例や修理人の考え方などはこちらを参照してください。

身代金ウイルス感染パソコンからのデータ復旧について

ウイルス感染パソコンからのデータバックアップについて

今日の本題です。一番大事なのはこの一行です。

感染したと思ったらデータバックアップをするな!

時すでに遅しです。
そもそもウイルス感染する原因は情報(お金と同じく有用だと思われるもの)を対価を支払わずに拾ってしまうことであると先日書きました。

最新のウイルスプログラムの挙動は、インターネットという外部への接続が前提です。しかし、社内LANにつながれたパソコンが1台乗っ取られれば外部接続を切り離しても社内のLAN経由で他のパソコンにウイルスを感染させます。身代金請求ウイルス・データ人質ウイルス・ランサムウェア(ransomware)は、USB接続された外付けHDDやUSBフラッシュメモリー内のデータも暗号化し開けなくしてしまいます

つまり、データをバックアップしようとすると、すでに大切なデータが入っているパソコンや記憶媒体の中の既存データも壊してしまいますから、簡単なことでは有りません。

rusm

ご自身や、社内・組織内の情報管理責任者が把握できていないウイルスに感染してしまった可能性がある場合は、電源を強制終了し論理障害や物理障害からのデータだけを復旧をする業者ではなく、パソコンの根幹構造とOSの仕組みや、インターフェイス(USBやFW、SATA、IDEなどの周辺機器間データ受け渡し処理技術)を物理的に理解している業者にデータバックアップの依頼をして下さい。

ウイルスはプログラムです。ソフトウエアーの異常な挙動を防いで必要なデータを残す最後の砦は、物理的にハードウエアー上でソフトウエアーを無効化することが必要です。

当店へのご依頼は、完全予約制ですので、お電話にてご予約くださいませ。
ウイルス削除・データ救出予約電話番号は 042-635-1231 です。

-よもやま話, セキュリティーについて, パソコントラブルあるある, パソコン・サポート業者さんへ, マルウエア, ランサムウエア, 暗号化データ復旧

執筆者:

関連記事

安いものを買って得したことがあるか?

最近よく感じるのは「安いものを買って得したことがあるのか?」ということ。 日本国内で生産しても「高くて誰も買わない=市場を占有できない」というメーカー的発想は、そもそもタイランドやマレーシア、中国など …

#やってはいけない! パソコンの基本:個人、個人事業主、社長向け

当店にお越しになるお客様はビックリするほど多分野にわたります。 大企業の社員の方から一部上場企業のトップ、勤務医の方や開業医の院長や看護師の皆様、医療事務長やフリーランスのデザイナーさん、契約社員の方 …

データ復旧業者こぼれ話

昨晩、TEAC正社員時代(私は従業員だと考えておりました)に大変お世話になった10歳上の先輩がお越しになり、HDDのデータ復旧ご依頼はお役に立てましたが、その時に、日本全国のデータ復旧”取 …

最近の防犯カメラ事情について

今月発売になったパナソニックのホームセキュリティー スマ@ホーム システム シリーズを屋外カメラだけ試してみました。 ホームネットワークシステム ホームユニット(KX-HJB1000-W)で複数台のカ …

“意識高い系"がハマる「ニセ医学」が危ない!

様々なパソコン情報にも通じる“意識高い系”がハマる「ニセ医学」が危ない! 読後感想文

“意識高い系”がハマる「ニセ医学」が危ない! 五本木(桑満おさむ)先生のニセ医学が危ない!を読ませていただきました。 桑満おさむ 著 *この文章は、パソコン対面修理 データ復旧 八王子の …

営業日

Twitter